スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

みなさん ありがとう。

みなさん ありがとう。

突然ですが


7月7日 七夕の夜


愛するジゴビぱぱさんは


私に何の言葉も残さずにひとりで


天の川を渡ってしまいました。


これからある 沢山の別れも あなたが居るから 乗り越えられる


あなたとなら 悲しみも分け合える


そう信じていたのに・・・・。


滋悟郎、毘沙門 そして何より愛する両親より先に逝ってしまうなんて。


そして私をこんなに早く ひとりにするなんて。


最後に交わした「おやすみ」の言葉だけが


いまでも心に残っています。


もし、あなたが 私に言葉を残せたとしたら


きっと この曲と同じだったと思っています。


もう抱きしめてはもらえないけど、


「幸せだったよ 当たり前じゃん!」って答えておきます。



(動画を作ったりすべて パパさんがしていたので 動画はお借りしました)


人の命は はかないです。

でも生かされている限り、生きて

そして私がいつか虹の橋を渡るとき

きっとあなたは ジゴビと一緒に、 迎えに来てくれると信じています。

それまでちょっと長いけど 待っててね。


浩貴君 愛してます。これからも ずっと。

IMG_3750.jpg




お礼

お悔やみに来ていただいたお友達
お通夜や告別式にも参列していただいたお友達
残された私を気遣い 電話やメールをくださるお友達

ほんとうにありがとう ございました。

みんな私たちが仲良く一緒に行動していたので共通の友人ばかりです
私だけが彼を思うだけでなく、こんなにも沢山のお友達が思っていてくれた事 誇りに思います。

そして、亡くなった日から4日間もジゴビを預かってくださった ちさとさん
預かってくれているばかりか子供と同じだからと
斎場までジゴビを見送りに連れてきてくれたこと
ほんとうに 感謝しています

連絡を入れたその夜に 夫婦で駆けつけてくれた ももじろう家
その後も何度も足を運んで下さり
気を使ってくれていたこと感謝しています

パパさんの事をそっとブログで書いてくれていた ぶぶこさん
淡路から駆けつけてくれ そして先日は 綺麗なお花をありがとうございました。


ほんとうは一人、一人に きちんとお礼を言わなければいけないけど

これが今の私の精一杯です。ごめんなさい。


これから しばらく ブログ更新がないかもしれませんが

パパさん、そして ジゴビを 忘れないでいて あげてくださいね。






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。