スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

術後3日目と滋悟郎

術後3日目と滋悟郎

術後3日目、ビシャちん、縫ったまぶたからちょっと膿が出てきた。


これは先生から言われていたからまだうろたえない


でも、相変わらずエリザベスカラーを叩いてる


糸が長いのでは?と先日診察に行った時先生に言ったんだけど


短いと逆にまぶたにささることがあるらしい・・・。


でも、ビシャちん 頑張ってます。寝る以外何も出来ないけど、頑張ってます。


今回、手術に至った経緯を書き残しておきます。文章ばかりで長くなります。




早めに見つけた傷、処置も早めにして色んな事で先手を打っても傷からぶどう膜炎になり


見た目にも悪化してきたのがわかって、休日にもかかわらず、先生に診察してもらう日々。


穴が開く、一歩手前。


ビシャの目は網膜剥離になっているので、炎症が起こりやすい


これを繰り返すと傷も無いときに先生から言われていた。


実際、少し前に目の中が真っ赤になり治療して、治ったばかり


これは怪我でもなく、なんでもない、


そんなデリケートなビシャの目、角膜に一部薄いところが出来たとカメラでわかる


できれば、見えていない目なんだし、手術なんかしたくない


でも、彼には傷が痛みとなり、苦痛になっている。


炎症が治まらない。この傷が治るのは数ヶ月、あるいは数年単位かもと言われた。


今でも充分気をつけている日々。そして治す為には頻繁に点眼をしてあげないと駄目。


それがいつまで続く?会社をずっと休む?治療代は私しか稼げないのに。


先生は最初から私が一人で2匹を飼っていると思っているようで、私の負担、ビシャの負担を考え


手術するなら連休に突入する2日がチャンスですと言われた。


点眼で引き伸ばして、ぎりぎりまで手術を回避することも出来る


でも、連休中に穴が開いたら、緊急手術に対応できるか、スタッフが集まるかも不明


穴が開くと手術も難しくなるらしい。


先生としばらく沈黙の中、手術することに決めました。


といいつつ、翌日の診察で少しでも状態が落ち着いて来ていたら考えようと手術当日の診察を受けた


結果は昨日と変わらず・・・。自己血清の目薬ですら状態が良くならない。


「やっぱり、しましょか」先生の言葉にお願いしますとしか返せなかった。


そんな流れがあって、ビシャは手術してもらいました。


エリザベスカラーの苦痛、散歩に行けないストレス


何よりボール遊びも出来ないストレス(糸がボールにあたったりするのが嫌でおもちゃ全部隠してます)


なんとか耐えて、回復に向かって欲しい。


4月のカレンダーも公開していないけど、5月はビシャの登場でした


きらきらお目目で可愛いビシャ、ちょっと切なくて今は公開したくない。


それからいつもビシャとジゴは病気や怪我が続きますが


今回もやってくれました









4月30日に生爪はがしています。


先日、治りかけていたのに、よそのワンコのうんpをくんくんするから引き寄せたら


私が踏んじゃってまた、一から振り出し・・・。ジゴにはストレスかけまくり


今日は珍しい粗相を2回もして、怒られたジゴ


粗相して、しまったと思って走りながら巻き散らかすのはやめて欲しいものです・・・(苦笑)
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。